まとめられず

通勤時間などにラジオを聞いたりしていて、面白いなと思いはするのだけど、そういう面白さが持続しないので個人的なメモを残していこうと思いました。

東京都議会議員選挙、その結果が示すものとは?(2017/7/3 22:47~)

音声は下記から。
www.tbsradio.jp

【スタジオゲスト】

明治大学准教授 木寺元
ジャーナリスト 津田大介

【電話ゲスト】

TBS政治部 総理官邸キャップ 岩田夏弥

 

 

背景

www.yomiuri.co.jp

 

今回の都議選についての所感

木寺さんに対して)この結果どうだったのか。

津田さんに対して)この結果どうだったのか?

  • 自民党にとってネガティブな軸が二つあった。
  • 豊田議員の暴言問題、稲田防衛大臣公職選挙法違反疑惑の発言、下村博文の違法献金疑惑。
  • 都市部の浮動票は3日前くらいに候補を決める傾向があるため大きく作用したのでは。
  • もうひとつの軸としては、東京都議会としての自民党に対する不満。
  • 都議選での増田さん擁立の失敗。都議会だと塩村議員の野次問題など。
  • 東京都の自民党ってまずいんじゃないの?というのがベースにあってのダメ押しの一週間。

木寺さんに対して)より詳しく都議選の結果について。地域、世代、ジェンダーなどのデータによる特徴は?

メール質問)一般にはおごり高ぶった自民党に都民が鉄槌を下したといわれているが、本当にそうか?決定的なのは公明党都民ファーストについたことでは?今回の都議選の新の勝利者公明党では。

  • まさにおっしゃるとおり。
  • 二人区を注目していた。
  • 政党支持率的には自民党都民ファーストがとる。
  • 結果的には自民党は苦戦し、15区の二人区のうち6名の当選のみ。
  • 都民ファーストは15区中11区に2名擁立し、7区で推薦、公認が独占している。
  • 7%という数字については、新しく投票に行こうと思わせる政党・知事がいるということも影響をしているのでは。
  • 選挙公約だけでなくイメージ戦略の両面があったのでは。
  • 古い議会を新しくするというのが今回の選挙のイメージ戦略の軸だった。

津田さんに対して)選挙区での注目は?

  • 北区と中野区が象徴的だった。どちらも定数減。
  • 北区はおときた駿。一番最初に当確が出た。
  • 9ヶ月前くらいには定数減の影響で当選は難しいといわれていたが、自民党の幹事長が落選し、おときた駿が当選。
  • 中野区でも議長が落選。

個人的には板橋に注目。

稲田さんの問題の演説があった。

今回板橋で自民党は当選しなかった。

島しょ部では自民党は当選しており、パイプの強さを示した。

ほかにも注目で言うと、一人区の千代田区で都民ファーストが当選。

候補者の中村さんが中央に対して脇が甘いとの発言。

 

木寺さんに対して)どう感じたか?

  • 最後の最後で本音が出たのでは。
  • 首相などが応援に来る中、選挙中は中央に対する発言はできなかったのでは。

定数の多い世田谷区8人。社民党が出していたが通らず。

もったいなかった、社民党と生活ネットがバッティング。

候補者調整ができれば社民も通っていたのでは。

 

僕たちのインターネット史

僕たちのインターネット史

 

 

木寺さんに対して)今回の都民ファーストの戦い方はどうだったか?

  • 新人なのでぼろが出るかと思っていたが、最終的には自民党にぼろが出るという結果。

小池さんへの支持ということで都民ファーストは票を得たのか?

都民ファーストは中身を見ると、もともと民進党、もともと自民党。がちがちの右だったり、労組など出身の左の人。

ウィングは広い。全体像から見ると中心が分かりにくい。

 

木寺さんに対して)もともとの有権者の特徴は?

  • 東京都は全国の中でも所得が高い。
  • 高齢化率も沖縄について下から二番目。
  • 一方で貧困問題も抱えている。
  • 自治体としてのサイズが大きく、人口も大きい。大都市もあれば島しょ部もある。
  • 同じ東京でも場所によって違う。
  • 都政の課題よりも国政が判断基準になりやすいのではという印象。

木寺さんに対して)自民党が勝ったところと負けたところの地域差について。

  • 自民党が勝ったと自身を持っているのは島しょ部。
  • パイプが重要になる。
  • ひとついえるのは小池知事が悪天候のため回れなかったのは都民ファーストには不利益。

木寺さんに対して)公明民進共産については?

  • 3人区を注目。
  • 自民・公明+α。
  • ふたを開けると、3人区で自民党が取れたのは墨田区のみ。
  • 都民ファースト、公明、共産が七区中五区、ひとつが都民、公明、民進。

木寺さんに対して)共産党反自民層の都民ファースト以外の受け皿になったのか?

津田さんに対して)反中央票の流れについてはどう感じるか?

  • 自民党が二人擁立しなければ共産が当選しない場合もあった。
  • ただ、いろいろな要素での逆風もあった。

 

日本一やさしい「政治の教科書」できました。

日本一やさしい「政治の教科書」できました。

 

 

永田町の動きについて

【電話ゲスト:TBS政治部 総理官邸キャップ 岩田夏弥】 

今回の選挙、東京で非常に大きく動きがあったが、政治記者として 珍しい選挙だったのでは?

  • ものすごいを見てしまったという感想。
  • 国政の政治部の記者たちの常識として、自民党過去最低の38議席がライン
  • 30台になると自民党やばいよねという感じだったが、23議席
  • 42の選挙区があり、複数人区が35選挙区。
  • 都民ファースト自民党が分けあって35は固いと思っていた。

自民党の反応は?

  • 今日臨時の役員会。
  • 二階幹事長は「謙虚に受け止め、深く反省しなくてはならない。」と話している。
  • 安倍総理は記者団の取材。「自民党に対する厳しい叱咤と深刻に受け止めて深く反省しなければならない。安倍政権に緩みがあるのではないかと厳しい批判があったんだろうと思います。」という反応。

二階さんも選挙前マスメディアに啖呵を切っていた場面があったが。

  • 今回メディアと政権、メディアと自民党という関係が影落としたのでは。
  • 二階さんだけでなく、麻生さんもそのような印象があった。
  • 安倍総理秋葉原での最後の街灯演説でヤジに対して非常に強く反応した。
  • その辺りが、国民に対しての見え方が良くなかった。

 

www.youtube.com

 

安倍総理の演説インパクトがあるが、自民党与党の反応は?

  • 今回の特徴は、「こんな人たちに私たちは負けるわけにはいけない」という発言に表れているように、敵と味方、国民を分けるような発言。
  • 夕方の菅官房長官の記者会見でこの件に関して質問があったが、 「人の発言を妨害するようなことだったのではないか」「総理は極めて常識的な発言をして、民主国家なのだから、選挙運動は自由で、発言は自由。」「問題をあるとは全く思いません」という強気のコメント。
  • 有権者の反応を見るとそうは受け止められなかったのでは。
  • 一つ指摘。去年の渋谷での街頭演説の際もデモ隊が来ていた。
  • その際も同じようなことを言っていた。
  • 「この選挙を妨害して恥ずかしいとみなさん思わないのですか。共産党の皆さんですか、民進党の皆さんですか。」
  • 党派を名指しして自分たちと考えが違うことが、全く拒絶するような反応を総理大臣がするというのを問題視した。
  • 1年経っても安倍総理の根本的な政治姿勢が変わっていないことを露呈した。

www.youtube.com

 

今回、VTRを見ていると、デモ隊のプラカードに対して、自民党ののぼりを掲げて総理の目につかないようにする涙ぐましい努力も見られたが。

  • ある種抑えるような意図だったのだともうが、抑えきれなかった。

都民ファーストが勝ち、自民党が負けたという形だが、小池さんの略歴や政治スタンスはどう考えればいいか。

公明党は中央でギクシャクしていないのか?

  • 公明党は23人全員が当選。
  • 自民党の当選数と同じ。
  • 本日、政府与党連絡会議で山口代表と安倍総理の党首会談。
  • 国政と都政は別だと、これからも国政では協力しましょうと確認をした。
  • もう一つ重要なのが、今回の結果を自民党の議員がどうみたか
  • 公明党の協力がなかった時の自民党がこんなに悲惨になるのかと
  • 公明党の手助けがないと、自民党の選挙が大変になると感じた議員も多いのでは。
  • 公明党の発言力が強まっていくのではないか。
  • 公明党公明党で、勝ちすぎてどこまで強気になっていのか悩んでるのでは。

民進党5議席。減らしはしたがなくならなかったがどうか。

民進党共産党は、選挙演説で国政批判が多かったが、共産党の方が伸ばしたのはなぜか。

  • 民進党は党内のごたごたや、蓮舫さんの二重国籍問題など。
  • 次の国政を任せられてるかというと疑念が払拭できない状況が続いている。
  • そこをどうにかしないと難しい。
  • 共産党はとにかくせめて、それが目立ったのでは。

共産党の雰囲気や反応はどうだったのか。

  • 議席の数の伸ばし方は2で多くはないが、手応えはあったのでは。
  • 自分たちの訴えて来た路線は間違っていない。

 

ウェブで政治を動かす! (朝日新書)

ウェブで政治を動かす! (朝日新書)

 

 

都民ファーストはどうなるのか

津田さんに対して)代表になる野田さんとは?

  • 極右の方
  • 尖閣上陸、日本国憲法無効の請願に署名
  • それについては、TBSのインタビューで否定はしている。
  • 都民ファーストのガバナンスはどうなっているのか。
  • 選挙は小池人気で勝ったのに、代表を譲る。
  • 野田さんに投票したわけではない。

木寺さんに対して)二元代表制の点とはどういうことか?

  • チェック&バランスが効かないのではということ。
  • 党のガバナンスという観点からは党首を譲れるものなのか。
  • 普通は党員が投票で決めたり、委員が選挙で決めるもの。
  • 一存で決めれるものとなると、傀儡のような存在ではないのでは。

木寺さんに対して)古い議会と言い続けた問題とはどんな論点があったのか。

  • 馴れ合いでチェック機能が足りなかった。
  • 都議会のドンのような存在を生み出した。
  • かつての内田議員は、石原都知事の思いつきを止めたり、舛添さんに三行半を突き付けたりと、ある意味チェック機能は働いてたのでは。
  • これまでの自民ー自民の組み合わせより、都民ファースト都民ファーストの方がかなり二元代表制のチェックが働きにくい等印象。

自民はいざとなれば首長を切る判断をするが、都民ファーストの会は次の選挙以降も等は続けるつもりなのか?

今回の選挙ようという観点が強く、10年〜20年続けていくのかという疑念。

都民ファーストから出てくるであろう問題点を被らずに済むよう距離をとったという指摘。

津田さんに対して)上記どう思うか。

  • 4年はやると思う。
  • オリンピックという究極の晴れ舞台が控えている。
  • だからこそ、知事に専念するというのは決意表明のように映る。
  • 政策集で公約が377個ある。

www.sankei.com

 

項目は書いているがどうやるかが書いていない。

  • 寄せ集めのような公約集。

書いているだけで怖いものもある。

「民間の防犯カメラを活用し、テロなど事件発生時の初動対応強化」

ということは、民間のカメラが警察の管理下、協力義務が発生するのかなど。

  • 今回勝ちすぎたことで、いろいろなカードが切れるようになっている。
  • 公明党とともにやっているが、共産党と組んでも過半数いく。
  • 築地移転問題も共産党と組めば築地維持にすることもできる。
  • 国政政党も作る作ると言って、自民党に対してプレッシャーをかけれる。
  • 作る作ると言って、お金を引き出したりなどのカードも切れる。

情報公開、待機児童、教育無償化、テロ対策・防衛防災はどの党も論点は一致している。

東京都は上記は進んでいくのだろう。

木寺さんに対して)都民ファーストならではの変化とは?

  • 予算に日本共産党が32年ぶりに賛成したの象徴的な出来事。
  • 投資的経費を減らす一方、待機児童などの福祉・保険の予算を増額。
  • 小池さんは保守色が強いと思われる一方、政策はリベラルだったりする。
  • ウィングが広いので幅広い支持者層がある。
  • 今まで党派間対立でなかなか実現できなかったものを実現できるのでは。

津田さんに対して)この辺りどう思うか。

  • 見えない部分が多いのでは。
  • 一番大きなところでは、都議選で勝って、権力の足場を固めている。
  • ここから知事がやりたいことをやっていく。
  • 例えば、無電柱化や受動喫煙など。
  • 国政では先送りされたが、オリンピックシティである東京は厳しくやるなど

中身付きでその辺り実行できるか見ていきたい。